お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんと公共交通(1)さかもと未明の主張

ネットで最近話題になっているネタなのですが、子を持つ親としては改めて考えたいなと思いました。
元ネタになっているさかもと未明のコラムの内容です。
飛行機の搭乗マナーは守られてる? さかもと未明

で、それに対して各著名人の反応について
「子供は泣くさ」 物議醸した“搭乗マナー”問題、つんくや乙武さんの発言に共感の声多数

このコラムや他の芸能人の発言を読んでいて幾つかの論点が混ざってしまっているかなと思いました。

①公共交通としての受忍義務
②躾の問題
③親の対応の問題
④世間のあり方


 公共交通は会社は民営会社で収益を上げる事を目的にしていても、その存在自体は公共の場という認識があります。だから私的空間よりも受忍義務【客観的に受忍限度を超えるような騒音でない限り相手方にも受忍義務があります。】というものの範囲が広いです。子供の泣き声がこの範囲にあるかという問題です。受忍義務ですから義務なんですよね。つまり客観的に許容範囲であれば我慢しなきゃいけないです。我慢できないで文句言うのはこの場合は義務違反であるから単なるクレーマーって事になります。
 大切なのは客観的に許容範囲かどうか?この判断が難しいですが、着陸、離陸の間は子供の泣き声ぐらいは安全上の問題から受忍するべきです。子供の泣き声がうるさすぎて死ぬことはないでしょうし、それよりも安全に座っている方が重要です。安定姿勢に入った時ですが、客室乗務員とママが一生懸命あやしたという事は、後方とかに移動していると思います。それでもだめなら、客室乗務員に席の移動を一時的にお願いするとかできなかったのでしょうか?
 公共交通として、乗る事が認めらえている赤ちゃんが、泣くと言うのは想定の範囲内でそれがどうしても嫌なら、車輛を変える事ができる新幹線とか別の手段を本人が取れるわけで、受忍範囲内と思ってしまうのは、子どもが居る親の甘えですかね?
 
 躾の問題
これは脳科学教授の茂木さんも言っている事ですが、1歳児をコントロールできると考える方がどうかしている訳で、子供がいない方が解らないのは仕方ないですが、躾で解決できる問題ではないです。ただ、対象をもう少し大きく3歳くらいまで広げたとすると状況は少し変わってくると思います。勿論3歳児をコントロールするってのはかなり難しい。ここは乙武さんの意見に否定的ですが、大人のルールがあるということを子供に教えるのも僕は躾として大切な事だと思っています。3歳児だからと言って自由にふるまって良いかと言えばそれは違います。この時にしっかりと人に迷惑をかけないって事を教えないと歳を重ねてから躾けようとしてもどんどん大変になっていきます。子供を温かく見守る事と、子供が自由に過ごすことには雲泥の差があり、その差をしっかりと捉えないと我慢の出来ないバカな子に成長してしまうと思っています。

つづく
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。