お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種の事故について。ワクチンについて考える。

先日、予防接種により小学校5年生の男の子がなくなってしまった。
予防接種「死亡例」も 厚労省が事実確認 小学5年男児死亡
本当に残念でならない。改めてニュースを追ってみて驚かされたのが、静かに心停止していたことである。ワクチン接種の副作用により重症化するのは①アナフィラキシー(アレルギーショック)②急性の発症が多いみたいである。ところが、今回はそのどちらにも当てはまらない(症状的に可能性が低い)みたいである。今後の司法解剖による原因究明を期待したい。
 予防接種を受けると15分間は待機していなくてはならないのだが、カミさん曰く、『今までそれが鬱陶しかったが、ちゃんと守らないと』って言っていました。本当に何が起こるかわからないです。

以前から予防接種については何度か書いてきました。
我が家の予防接種の考え方は免疫の獲得と病気の深刻度に対して、副作用の可能性を天秤にかけています。単純に基準は定期一類疾病予防接種は受けるが、それ以外は受けないとしています。だからインフルエンザは毎年受けません。
東洋医学って、かおばあちゃんの知恵!
新型インフルエンザの予防接種について

今回の事故を受けて、大切な事は感情的な判断をしないことだと思っています。というのは日本脳炎は過去の病気でも重症化しない病気でもないのです。日本脳炎は発症率は0.1%~1%程度であるが、致死率は20%~40%であり、回復しても脳障害の発生率は50%を超えてている。そしてそのウィルスは毎年蔓延しているのである。詳しくは国立感染症情報センター参考!
 つまり予防接種を受けななければ流行する危険性は十分にあり、発症した場合には重症化する危険性が高いって事は理解しておかなければならない。

fig01.jpg
日本脳炎の患者数推移を見ても予防接種の効果は明確である。
(国立感染症情報センターより)

日本脳炎のワクチン副作用の重症化率としては100万回に1回と言われています。つまり0.0001%です。毎年蔓延するウィルスで、その発症率が0.1%となるとワクチンを受けるリスクの方が許容できるというのが、僕の判断です。
これは僕個人の考えですし、当然、統計的見地によれば単純比較できる問題である訳でもないです。接触回数や免疫効果、その他同列で比較するためには整えなくてはいけない事が沢山あります。

 ただ、今回の件で感じたのは僕自身も僕の周囲の人も日本脳炎という病気に対する危険度に対して全く実感がない。それに対してワクチンに対する危険度は、重症化するたびにニュースで取り上げられる。つまり未知なる大きな不安と現実の小さな(確率という意味で)不安を比べている状態であり、そうすると確実に現実の不安を取り除くように動くだろうなって気がしました。

わが子も次女、3女が受ける時期に近づいています。不安はありますが、受けさせるべきだと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。