お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの脳死判定について考える。

先日、おふくろとばあちゃんの話をした。ばあちゃんはすでに90を超えていて、先日も癌が見つかったという事で入院をしたのだが、90歳を超えたがんは発病しても進行が遅いし下手に治療を進めると、薬の副作用やその他外科的な処置などで失う体力の方が問題になるので、良い言い方をすれば経過観察。悪い言い方をすれば放置となる。とは言え、入院生活によってむくみが取れ体重が8Kgほど落ちたのだが、それによって健康的になったばあちゃんは活発的になったらしい。
 心筋梗塞や脳梗塞などを超えて、だいぶ弱っていたのだがひ孫が増えてからというもの、入院するたびに元気になっていき、ひ孫から元気をもらっているようである。さすがに90歳を超えていれば、いつ逝っても大往生であろうから、親族で話し合って延命治療をしない書面も用意してある。ひ孫がふとんの周りを駆け廻りながら子供、孫に看取られるなら幸せかなと思います。

 この話をしていた時におふくろにもどうして欲しいか、しっかりと書面に残しておいてねと言っておいた。というのも親が何かあった時に生きていて欲しいって気持ちは強くある。ただ尊厳ある生き方ってのは人それぞれ違うわけで、うちのおふくろは、自分が自分として意識を持っていない状態では生き続けていたくないかなって言っています。また迷惑をかけたくないから、あんまり延命治療はして欲しくないとも言っている訳です。ただ、そうは言っていても、いざという時のために、延命治療を拒否する選択を子供がするのは結構酷な話です。どちらの選択をしても自責の念に駆られると思うのです。親の希望と思っている事と、死なすという選択。その自責の念を緩和するのが本人の意志であり、書面です。
こういう話は本人が健康的な時でないと話が出来ない。何かあってから書く、書かせるのでは遅いと思います。だから生き方とはという話し合いと終わり方をしっかりと形として残しておくべきだと思います。

ちょうどそんな話をしていた時に、下記のニュースが報じられた。
15日摘出手術、移植へ 「息子誇りに思う」

脳死や移植について様々な意見がある。そもそも子供の脳死判定はどうなのか?という意見もある。また海外に行くのは経済大国だから出来る臓器売買ではないのか?など批判もある。これに関してはWHOも指摘しているし、世界中の国で日本の締め出しが行われているのも事実である。
国内ダメだから「海外で臓器移植」 それは外国の子供の「命」奪うこと

子供を持つ親としては、もし子供に何かあったらどんな事をしても救いたいと思う。でも逆の立場の時に脳死判定を受け入れる判断が出来るのだろうか?誰かの一部になって元気に生きて欲しい。と思うのだろうか?それとも万が一の可能性を信じて、回復して欲しいと思うのか。正直解らない。どちらの選択をしてもやはり自分の判断は正しかったなんて絶対にいう事が出来ないと思うし、いつまでも心を蝕む気はします。
 脳死判定を受け入れず、医療器具で生命を維持するのは親のエゴではないのか?脳死判定を受け入れ命を止める事は親のエゴではないのか?どちらにも悩みます。今回のニュースはセンセーショナルな分、肯定も批判もある訳ですが、大切なのは両親が下した判断を尊重する体制だと思いました。こういうニュースが出れば、脳死判定を受け入れられない方へ無言のプレッシャーが高まりますし、受け入れた人に対しても、またプレッシャーが高まります。だからこそ脳死判定を受けいれられない親に対しても、脳死判定を受け入れられた親に対しても、その選択を尊重しケアされる仕組み作りが必要かなと思いました。
 
 
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【こどもの脳死判定について考える。】

先日、おふくろとばあちゃんの話をした。ばあちゃんはすでに90を超えていて、先日も癌が見つかったという事で入院をしたのだが、90歳を超えたがんは発病しても進行が遅いし下手...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。