お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タトゥーって『想いの表現』『ファッション』?

とあるニュースサイトを見ていたら、タトゥーについての話が出ていたので読んでみました。内容は『私の何がイケないの? 全国1万人緊急調査!誰にも言えない女性の悩み ワースト20大発表』というTBSの番組内での議論なのですが、正論と感情論のぶつけ合いで妥協点はないんだろうと思う。
タトゥー批判”に泣いて反論する小森純。「後悔しないといえるの? 」と冷静な江角マキコ。

やはり文章だけでは雰囲気や状況が伝わらないので、動画を探したら簡単に出てきました。見たい人はこちら!

このタトゥーを入れる行為を単純にメリットとデメリットで比べてみると、子供が持って実感する独身時には全く考え付かなかったデメリットがたくさん出てくる事が問題なんだと思います。そしてそれを知ったところで若いときには納得できないから『タトゥーを入れない』って選択を採用する事ってできないのかなって感じがします。
知り合いの子でタトゥーを入れている子は、この小森さん同様になんらかしらの想いを持って入れている子と完全なファッションに大別できますが、やはり当然どちらも江角さんが言うように単なるタトゥーです。

僕が思う最大のデメリットは子供と一緒に行動できなくなることです。これは大きいですよ。本人が周りにどう思われようが、ファッションだろうが、何らかの想いだろうがそんなことは大した問題だと思いません。奇抜なファッションしたり、変わった趣味を持ったりするのと大差がないからです。例えば中年男性がコスプレフィギアが好きって言えばそれだけでドン引きする人は多いです。(僕の趣味ではないよ。)それを堂々と宣言して歩くのと、こっそりと人知れずやるのと同じで隠したければ隠せば良いし、人から後ろ指刺されようと、法律的に問題が無く、誰かを傷つける事をしていないのであれば、気にする事はない訳です。

ところが、プールや温泉、銭湯などは、そのワンポイントのタトゥーを認めてくれない施設があり、どんなに事情を訴えようとと、ファッションではない想いを訴えようと無意味で中には入れてはもらえません。その時に子供に我慢をさせなくてはならないことは、親の趣味とは別の次元の問題です。江角氏が最後に後悔しなければ良いと思う的な事を言っていましたが、子供に少なからず不自由を与えてしまうことは、親としての責任として考えないといけないことではないかなと思います。

そんなことを考えるとファッションで入れるのであればシールでも、その他のファッションでも代用は聞くし、ファッション音痴というか、ファッションに興味のない僕が言うのもなんなんですが、永久的にそこに入れるタトゥーってお洒落なのかが解りません。毎日同じ服着ている人と変わらないですよね。ダメですかねこの考えは?
何かの想いで入れるのであれば、足の裏とか、わきの下とか誰にも見えないところで良いのではないでしょうか?隠そうと思えば隠しきれるところ?想いを刻むって意味では同じだと思います。それもダメですかね?

プールではラッシュを着て隠せるからせめて足に入れずお腹あたりが一番良いかもしれません。ラッシュでもかくせるし、銭湯でもタオルで隠せる。それでいてへそだしの服を着れば若いときには見せる事も出来ます。
時代と共に悲しい事になる場所なので、頑張って体系を保とうと頑張る原動力になるかもしれません。失礼しました。)子供のためを考えたら不自由儘ならない訳で、軽い気持ちで入れるには面倒な代物だと思ってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

橋下入れ墨規制発言があってから入れ墨話題のブログを見てます、おじゃまします。
私は、「好き」で入れ墨を入れました。美しいと思います、あのグラデーション。特にヤクザもんの入れる入れ墨は間近で見ると芸術です。人体はヤクザですけど。
個人の自由だと思うんですがね…私は普段の生活では見えないように入れてもらったので。
でもちゃんとした彫り師さんは必ず聞くんですよ、気軽に入れるものではないから今回はカウンセリングだけです、と。
小森純さんは泣く程なら入れなきゃよかったのに、ね。

Re: タイトルなし

>パスバイさん
コメントありがとうございます。
失礼しました。確かに芸術的な要素もありましたね。僕の周りにはいなかったです。入れ墨でもタトゥーでも個人の趣味・趣向なので本当に自由で良いと思います。入れたい人は入れれば良いし、嫌いな人は嫌いで良いと思います。残念なことに制限を受け入れなければなりませんがね。
ちゃんとした彫り師さんは必ず聞くんですね。やはりプライドを持ってやられている方は違いますね。初めて知りました。
 小森さんも本当に人から言われて泣いたり、後悔したりする程度なら入れなきゃいいのにって僕も思います。
プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。