お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年インド旅行記(12) 火葬場へ訪れた。

バラナシ (2)

 色々な想いが入り混じりながらガート
を歩きます。時期は乾季なので水面はだいぶ下がっており川底になる土の部分まで水が引いていました。ガートか眺めていると遠い記憶の中と変わらず存在している建物もあり、感傷に浸ってしまいます。この街はこの15年間に様々な影響を僕に与えてくれた起点の町でもあります。自分の人生に分岐点があったとするなら、確実にこの場所でその分岐点で行く道の選択をしたのだと思います。それは具体的に何かを決定したとかだけでなく、ここにきてここで感じて、ここで触れ合ったもの全てを含めて、分岐点での選択に繋がっているのだと思います。

 バラナシ (8)

 宿は色々と考えたのですが、思い入れのあるビシュヌゲストハウスに泊まることにしました。ビシュヌはガート沿いにある宿とそのすぐ後ろに2号棟を立てていたようで、部屋も値段の割にきれいであった2号棟の方に泊まることにしました。このテラスで20歳の僕は色々な事を語っていたのを思い出しました。

 バラナシの見どころはこのガートです。大小数えると100を超えるらしいが、どこからどこまでが何ガートか?というのはあまり意味をなさないし、何ガートに行った。というのも意味をなさない。ガートとは沐浴場である。ヒンドゥー教徒の人が聖なる河であるガンジス川で身を清めるための場所である。ところが来る者拒まず何でもアリ的な宗教であるヒンドゥー教だからこそ聖地が聖地らしくなく、洗濯したり、体を洗ったり、生活排水が流れ込み、その中で水泳をしていて、牛などの動物の死体が流れているなど多様な光景が繰り広げられている。つまりはここに来たってこと、ここに居るってことに意味があるのだと思う。

 バラナシ来ると必ず聞かれるのが『火葬場は見たか?』であり、マニカルニカー(「宝石の耳飾り」の意)・ガートがそれである。死生観の違いなど宗教、思想の違いがはっきりと出る場所である。文化の違いを感じるって事は好奇心がそそられるのであるが、『死者を送り出す儀式』ってのを軽く扱ってはいけないとも思う。だから15年前も遠くから眺めるだけであった。
 今回は焼かれる場所の近かくまで行ったが、そこから先へは体が拒絶して進むことができない。気にしない人は火葬しているその瞬間を5m位の距離まで近づいてみることが出来る。すぐ脇まで歩いて行けるのであり、見世物って言うと変だが、見ることが出来るようになっているのだ。
 通り道として見ることなく見て行こうと意を決して近づいてみたが、30mより近づくと強い不快感と吐き気まで始末である。僕の中で神聖視する儀式ってのがあり、ある意味では不可侵的であったのだ。例えば『出産』なんてその典型例である。どんなに勧められようと絶対に立ち会わなかった。
 『死者を送り出す儀式』に対して体が拒絶するとは思ってもみなかった。でも、これが僕という存在なのである。改めて自分の宗教観を確認することが出来た。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。