お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下教育を考えてみる(2)

 先日は学力には競争原理を入れても良いと書きました。保護主義は問題だと言いました。では自由主義が良いのかと言えば、そこにも当然問題が出てきます。これが橋下政治に批判が上がる『弱者切り捨て』って考え方です。自由主義でよく言われるのが格差の拡大、モラルの低下(リーマンショックの時のアメリカの投資銀行)です。教育で言えば、金持ちの子供は質の高い教育を受けることが可能となり、ますます格差が広がると言われているのです。
 ここで必要なことが公的な仕組みであるセーフティネットです。つまりはお金がなくても勉強できる仕組み作りです。現実的に学力低下が実証されている訳で、深刻な大学生の学力低下 教員の6割問題視しています。実際に授業が成り立たないの人が10%近くもいる訳で、学力低下は国際的機関の調査でも明確になってしまっています。
 統計の取り方や読み取り方などでこの学力低下を否定する方もたくさんいますが、仮に学力は低下していないとしても、学力を高める努力は必要ないのでしょうか?『学力は上がっているとは言えないが、下がっているとも言えない』という状況は教育改革を否定るする根拠としてかなり乏しいように思います。
 留年制度で物議を醸した橋下市長も、問題点を明確にしてくれています。
『学力が一定まで到達していないのに、上のクラスに上がってしまうと、学力がそこから向上しなくなる。勉強が出来なくなる。』と言っています。つまり目的は留年制度の創設でなくて、学力を一定まで達する仕組みづくりにあると言っているのです。これを議論せずに間違っていると切り捨てる根拠はないと思います。

最後に日の丸・国旗の起立の条例について。
公務員である以上、仕方ないじゃん。愛国心とか、日の丸を崇拝する必要もないが、仮にも国から給料をもらっている訳で、それが嫌なら私立に行けばいい。職業選択の自由を奪われている訳でもないです。思想・信条の自由を教育においての拒否権に使うことが許されたら、現場はめちゃくちゃになると古賀氏が指摘していました。例えば歴史教科書で必 ず問題になる戦争の扱いについて、史実として太平洋戦争を扱うべき事を、自分はあの戦争はアジア解放だと信じていると教育し始めたらどうなのでしょうか? 右寄りでも左寄りでも思想信条の自由は教育における拒否の理由にはなりません。だから、同じ職務命令違反3回で分限処分が可能になるって極々正しい事ではないでしょうかね?

銀色の侍魂というブログでテレビタックルを書きおこししてくれているので読んでもらうと解り易いですが、共産党の国会議員である山下氏が(スクロールで1/4あたり)軍国主義教育の戦後の反省として教育委員会が出来た経緯があり、政治的な中立を建前に弁護していますが、それに対して古賀氏が、実際は教育員会が全部仕切れるようになって、教育員会が目をつぶっていれば問題ないって状況になっている。(官僚の問題点と同じと指摘しながら)だから、軍国の反省とかは良いですが、そんな理由は通用しないと一刀両断に切り捨てた。 これは見事でした。
 組織の腐敗が進行する典型的な例で、政治的中立とか、設立当初の理想と現実がずれています。
 
僕は基本的には中庸的な考え方を好んでいます。二元論に立つと物事にはひずみが出てくる。保護主義が正しい訳でも自由主義が正しい訳でもない。ただ、現状を満足した時点で衰退しか道がないのは何事も共通で、衰退を止めるにはイノベーションが必要になってきます。橋下氏を否定するには、自己改革が教育の現場でも必要ですよね。外からの圧力で変わるよりも中からの変化の方が、歪は少ないはずなんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。