お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の反対は無関心?マイケル・サンデル氏から考える。

昨日、東京・明治公園で作家大江健三郎氏の呼び掛けにより『さよなら原発5万人集会』が開催されました。
6万人集まり「脱原発」訴え 東京・明治公園

同日に北九州市で日本原子力学会の大会が始まり、初日のシンポジウムが開催された。
東日本大震災:福島第1原発事故 想像力乏しかった 原子力学会、研究者から反省の弁

9月10日 マイケル・サンデル 究極の選択「震災復興 誰が金を払うのか」
という番組があった。ドタバタしていたのですべてをゆっくり見ることは出来なかったのだが、かなり興味深い内容でした。

雑食系アラフォーCLUBで詳しく内容が書かれています。
マイケル・サンデル 究極の選択 NHK 日本の震災からの復興

 その中で保障について、責任について、様々な議論がされていて、色々と考えさせられました。マイケルサンデル氏の議論展開は、基本的には弁証法的な対話だと思います。まず事例を取り上げる。その事例の中にあるテーゼとアンチテーゼを引出し議論を行わせるわけだが、単純化や置き換えを繰り返しながらジンテーゼを紡ぎだす。大切なことは単純な2元論や多数決で議論するのではなく、より良いジンテーゼを見つけ出す議論の仕方にあると思います。

 今回、原発の被害にあった福島では原発による恩恵を過去に受けてきていますリスクを受けることに対するリターンが在る訳で、これは原子力施設を保有するすべての地域にもたらされています。税金・雇用・施設・インフラ整備、直接的、間接的合わせるとそれなり金額が発生しているのは事実です。

例えば、 芦浜原子力発電所のように地域の反対により計画が中止に追い込まれた例がある。という事は受け入れなかったら原発は作られなかったことになる。つまり原発施設のリスクに対するリターンを受け取った責任はどう考えるべきなのか?

 でも、ここには情報の不平等が存在します。安全神話という印象操作を成功させ、危険性を矮小化させた原子力に関わる学会や東京電力、政府の責任はないのか?という問題が発生する訳です。

この話をマイケルサンデル氏はリスクのアウトソーシングとして語っています。
①経済的な事情で原発を受け入れることは、自由意志ではないし、その決定を行っている人間(期間)の問題がある。
②経済活動である以上リスクに対するリターンがあれば問題ない。
これらを受けて、アウトソーシングは良いが、アウトソースした人はされた人対してもリスクを軽減する義務が存在するという案を提示してました。サンデル氏はこれは経済や賠償ではなく、人間の責任とは何かという倫理的な問題とコメントしていました。

政治にしても、原発にしても、地域コミュニティにしても、食、農業、などなど周りのことにもっと興味を持つことが大切であるると改めて感じる議論でした。

マザーテレサの有名な言葉として『愛の反対は憎しみではない 無関心だ』とある。
ユダヤ人ノーベル賞作家 エリ・ヴィーゼルが同じこと言っている。
「人々の無関心は、常に攻撃者の利益になることを忘れてはいけない」

今日我々は知っている。
愛の反対は憎しみではない。
無関心である。
信頼の反対は傲慢ではない。
無関心である。
文化の反対は無知ではない。
無関心である。
芸術の反対は醜さではない。
無関心である。
平和の反対は、平和と戦争に対する無関心である。
無関心が悪なのである。
無関心は精神の牢獄であり、我々の魂の辱めなのだ。

 今の僕たちに突き刺される言葉だと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。