お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発廃止が正しいことか?

僕は基本的にはリアリスト(政治学的な意味ではなく)だと思っています。理想を掲げるにしてもその道筋が無ければ、絵に描いた餅以下になってしまう訳で混乱だけが残ります。
 最近の原発悪って風潮が正しいのか疑問に思ってしまうのです。

 一応、今年に入って我が家ではエアコンは1回も使っていないし、扇風機で過ごしてきている。無駄な電気消費を削り、あまり使っていない部屋に関してはブレーカーから落としてある。ここ数年、電球が切れる度にLEDライトへ切り替えてきた。なので節約術なんて取り上げられる方々とは比べるレベルでないまでも、平均的な節電は行っていると思う。
 

 そんな中で国内企業、電力不足で日本脱出続々 “思い付き”脱原発にも不信感などのニュースを読んだり、電気・ガス料金、8月分値上げ…5か月連続の報道を聞くと、今後が心配になる。短絡的な路線変更は混乱を招く。
 
 例えば、アフリカの戦後最大のハイパーインフレで有名なジンバブエは、植民地からの独立当初は『ジンバブエの奇跡』と言われていた。ところが白人に対して排他的な政策に路線変更したことにより、国家崩壊に繋がった。白人が黒人を奴隷的に支配する制度があり、白人から解放という考えが悪い訳ではないが、やり方に大きな問題があった。
 
 脱原発と脱白人と考えれば似たような事ではないだろうか?脱原発は今回の『フクシマ』の問題が発生したことにより、絶対的に正しいと思う。でも今、原発停止が正しいのだろうか?
 3人の子供達の未来を考えるととても心配になる。例えば浜岡原発を停止させた理由は87%の確率で到来する東海震災に備えて、危機管理が出来ていないからだと言うが、そもそもフクシマ原発は停止して定期点検中の4号機が水素爆発をしている。とある専門家は1~3号機は停止までは問題なかった。と言っている。つまり浜岡原発を停止しただけでは、危険は何一つ変わっていないことになる。停止させて脱原発を鮮明にしたことは正しいことかもしれないが、リスクコントロールの観点では意味があったのか?
(専門家でも意見が分かれるところですし、どっちが正しいかって議論ではなく、何がリスク管理かを考える必要がある。)

 企業は不安定な電力供給では生産地を国外に移すと言っている訳ですが、将来への子供に対する危惧として
『原発を残すことでフクシマみたいな放射能という危険にさらされる可能性がある。』
『原発停止することで、経済が空洞化し国家破綻により経済的困窮の可能性がある。』


 どちらにもそうならないだろうという、否定する根拠と、そうなる可能性があるという肯定的な根拠もある。どちらも極論過ぎるとも思う。こうなるとなんだか哲学的になってきてしまいます。やっぱマイケル・サンデル、さんのこれから正義のはなしをしよう。でも読もうかな。



馬淵元大臣が脱原発ではなくて、脱原発依存と言っていました。この人の他の行動はともかく、この発言は正しいと思います。まず、短絡的に二元論で原発廃止を唱えるのでなく、原発を廃止する過程の議論が今、大切な事なのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。