お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の東京タワー!

 東京タワーに行ってきました。
 神奈川に住んでいますと、東京タワーなんてすぐ行けるものと思っていてそうなるとなかなか行かないのが実情である。僕自身は1歳前に来たことがあるらしいのだが、残念なことにそんな記憶はこれっぽっちも残っていないし、関西出身のかみさんも勿論初めてである。
 土曜日に親族で築地に寿司を食べに行った。僕の両親と僕の家族(子供3人)と、姉の家族(子供3人)の12名で言ったのだが、当然我が家の家計では食べられないお寿司でありました。うちの親族は2月、3月に半分(僕、母、義兄、姪、甥、娘)の誕生日が集中しているため、合同誕生会って感じになっている。
 朝から築地に行き、寿司を食べてから場外市場を堪能すると、だいたいこういう市場を歩くと目利き役兼荷物持ちを母親から仰せつかるのだが、ウィンドウショッピングはまったく無理だが、市場を歩くなら何時間でも付き合える。食材をみているだけでワクワクするし、チビチビと摘みながら歩くのは楽しい。

 一通り買い物を済ましても、まだ11時位であり、ここまでせっかく着たのだからと東京タワーに行くことになった。東京綿-

 やはり下までくるとテンションが上がる。電線の鉄塔をみるたびに東京タワーと叫んでいた子供たちも、ようやく本物とご対面することができた。まずは大展望台まで上がるのだが、大展望台は2フロアーになっており、1Fにはルックアップウィンドウなんて気が狂ったものが設置されている。

 子供たちの恐ろしいこと。ウィンドウの上に寝そべっているし、いつまでものぞき込んでいるし、その上でジャンプするし、そのたびに親の肝は冷えまくる。ただ、子供たちに手を引っ張られれば頑張らねくてはならないのが父親の役目であり出来ないと言えないわけで、一応この上の横断に成功した。
 ちょっとだけパパの威厳を発揮!

東京タワー

 大展望台の上に特別展望台があるのだが高さは250mらしい。しかし東京タワーは1958年に完成と実に50年も経過している。勿論しっかりとしたメンテナンスを行っているからこそなのだろうが、それでも50年前に作られた鉄塔に登るってそれはそれで心臓が痛くなる。特別展望台までエレベーターで上がるのだが上にはトイレもあり快適。公衆電話が設置してある。 こういうところにあるトイレで何故か用を足したくなるのが人間の性、
 残念ながら遠くに靄がかかっており遠くまで見渡せるってほどではなかったが、東京各所の建造物をみることが出来た。新宿の東京都庁や御殿場のフジテレビレインボーブリッジ国会議事堂などみつかる嬉しくなる。さて、帰ろうかと思ったら震度3の地震があったらしくエレベーターが止まる。ただそれほど揺れた感じはしなかった。エレベーターに乗っている最中でなくて本当に良かった。

東京

 大展望まで戻り、そこから今度はエレベーターを使わずに600段の階段で下りることにした。大したことはないと思っていたが、運動不足の体には結構応えた。
 
 ほぼ、はじめての東京タワーを満喫できたが、大展望台までが820円で特別展望台までが600円となっており併せて1420円はちょっと高すぎ。できれば併せて1000円くらいにしてほしい。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。