お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期教育の弊害

さて、昨日は資格の学校のため横浜に行っていた。
そしたら、地下通路・・・なんて場所だったかな。
で、ブックバーゲンなんてのが開かれていた。

立ち寄ってみたら、絵本のコーナーがある。
ちょっと良いパパになってみるか、なんて考えて幾つか見てみたが
絵本の選ぶ基準って???
どんな絵本が喜ぶのかな?
良い絵本ってなんだ。
そんな事を考えてしまったら、買えなくなった。
まあ、少し高かったので、仕方ないとしよう。


では、本題。
昨今、幼児教育、早期教育を推奨する方向にある。
俗に、天才の作り方なんて特番をやっていたりもする。

はやりの脳科学をちょっと考えてみようと思って
BOOK OFFで買った本。
『あかちゃんと脳科学』

赤ちゃんと脳科学

を買ってみた。

イヤー面白いよ。本当に。
この本を良いと思ったのは『断定をしていない』につきる。

例として
<要約>
早期教育による発達障害について。
早期教育によって発達障害が発生するというケースについて考察してみた。
脳はシナプスが多ければ、それだけ様々な反応を起こせるが
逆に多すぎると、伝達経路で混乱が発生する。
脳にはシナプスを刈り取るという、仕組みがあり、この事によって
動作の洗練が行われる。
手を上に上げるという動作をするための、シナプスの数が多いと
混乱が生じて、上げるまでに時間がかかる。
こうした単純な作業においては、一つのシナプスを強化する事で、
スムーズな動きを行う事が可能であり、その他のシナプスは刈り取られる。
早期教育において、シナプスを増やしすぎると、
多動性障害が発生する原理というのは、確かに合理的に説明が出来る。

<おわり>

と、早期教育に対する問題点を科学的に説明しているが、
著者は、だから早期教育が悪いとは言っていないのである。
ここが秀逸なところ。
簡単に言えば、やり方を考えて、無作為に取り入れちゃ駄目よって
言っているだけなのである。

僕は早期教育には否定的であるが、この著者の考え方には
凄く共感をもてた。
早期教育=塾、スクール、教室等ではないという事である。
やはり、子供には良く遊んで欲しい。
遊ばせながら、学ぶってことを少しずつ身に付けていかせたいね。




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。