お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・コーブの上映について

この映画について賛否両論がある。
僕はドキュメンタリー映画として、この映画の賛否と
映画の主題であるイルカ漁の賛否についてと二つの問題があると思う。

正直な感想としてはこの映画は見る気がしない。
本来は否定する以上は見た上で、となるのだろうが、全く見る気がしない。
イルカ漁に反対する理由を、理解する事が出来ないからである。
イルカを食べる事と、牛を食べる事と、マグロを食べる事に
違いが見出せない。
どれが美味しいかぐらい。(イルカや鯨が美味しいとはあんまり思わない。)
僕は自分の子供に何故、イルカは食べちゃいけなくて、牛は食べて良いの?
そんな質問に対する答えを持っていない。
だから、食べ物を粗末にしてはいけない。出されたものは残さず食べなさい。
そうした躾をすることと、『いただきます』って言葉にある
命に対する尊厳を教える事が重要だと思っている。

例えば、イルカ漁の残酷さを主張する映像がある。
命を奪う行為である以上、少なからず残酷になる。
でも、残酷であなら、むしろ生肉所の処理の方であろう。
殺して、分解処理するためだけの施設である、それこそアウシュビッツ的である。
そういう視点に立てば、これほど恐ろしい場所はない。

絶滅危惧種を保護するための活動は絶対に必要だと思うし
動物保護運動を全て否定するつもりはないが、
生き物を殺すことで生きているという前提に立てば、イルカだけを
どうこうするようりも、人口増加に対する対策をしたほうが
よっぽど効率的な解決法だろう。

イルカに対する特別な想いがある国に対して、イルカ漁は残酷だが
牛が神様と崇めている国があり、そういう国の人に対して、
イルカ漁反対と言いながら牛を食べている人は、どう釈明するのだろう?

また、その撮影方法が違法である以上、表現の自由を主張すること事態がおかしい。
何度も何度も交渉を行い、その上で賛否の議題に載せる映像になる事が
僕はドキュメンタリーの土台であると思う。
例えば、獣害って被害があり、養殖の魚をイルカが食べてしまう。
食物連鎖上、イルカが増えすぎることは、そのバランスを崩してしまう。
そういう観点もしっかりと撮影するべきであろう。

手段に問題があるどころか、違法であれば、目的は既に汚されたものでしかない。
どんなに崇高な目的であろうが、違法な手段で達する事は認められない。
解りやすく言えば、ある地域の貧困を撲滅するために、その地域で
大規模な麻薬精製工場を作る。
貧困は撲滅できるけど、それが許される行為なのだろうか?
次元が違うが、これと同じ話。

僕は子供に対して動物を主題にしたドキュメンタリー映画を
見せるのであればディープブルーとか、オーシャンズとかアースとか
膨大な映像記録と取材の積み重ねで出来上がった映像を
見て感じて欲しいと思う。

手段のために目的を選ばなくて良いのは、その手段が合法である場合のみである。
そんな当たり前を無視するようでは、子供には何も教える事ができない。
子供には自分の意見の正しさだけを主張するような子にはなってほしくない。

スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。