お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌いの直し方!無理はしない。

うちの子は好き嫌いはがほとんどない。
なんでも良く食べる。
雪の下キャベツなどは、生でむしゃむしゃと食べるくらいに
野菜が大好きである。

親が好き嫌いないのに、子供は好き嫌いがあるとか
子供の好き嫌いで、苦労している方も多いと思う。

色々と話を聞いていると
一番多いパターンは、好きなものばかり食べさせていたら
好きでないもの(嫌いと言う訳ではない)を食べなくなった。
そして、好きでないものが食べられなくなった。
実際、みじん切りにして姿かたちがなければ食べられる。
なかなか性質が悪いのは、好きでないものを口に入れると
嗚咽までし始める事だ。

もう1つは、見た目や味で食べないタイプ
キノコとか、トマトとかもしくはそのレシピが嫌いって子もいる。

僕の躾の基本的な考え方は、【親をみて子供は育つ】である。
偏食というほど、偏らなければ栄養的には問題ないわけだから
あまり無理に食べさそうって意識を持たない。
無理強いをすると、大体失敗する。
一回駄目となったら、長い目で考えれば良いと思う。

そして、例えばトマトが嫌いだったら
親がトマトをおいしそうに、出来るだけ食べる。
嫌いなものを、子供に与えずに親がおいしそうに食べてれば
だんだん、食べたくなってくる。
親がやっていることは真似したくなるのが、子供なのだ。

我が家ではかみさんに感謝であるが
第一に色んな物を満遍なく食べさせていた。
野菜、お肉、魚、など色々な料理を出していた。
そのおかげで、好き嫌いという意識がつく前から
なんでも、食べれるようになっていた。

次に嫌いになりそうな野菜を家庭菜園で植えた。
トマト、ナス、ピーマン、にら、セロリ、にんじん等
だんだん、実が大きくなるのを、楽しんでいるし
何よりも収穫する時に待ち遠しいらしく
これ大丈夫?って聞かれました。

早い段階から料理をさせる。
餃子とか、パンとか、ちょっと練るだけだったり
味見をさせるだけだったり、台所で何かを
手伝わせると、自分が作った物として喜んで食べる。

一時期、ネギが嫌いって言いはじめた時があったので
その瞬間に、パパとママ両方でそれを取り合う振りをした。
じゃあ、パパに頂戴。パパそれ大好き。
ママに頂戴、それ美味しいんだよ。
アンちゃんは食べないで良いよ。パパとママで食べるから。
って言っただけで、進んで食べるようになりました。

味覚が完成されていない時期に好き嫌いって
あんまりないと思います。どの味も好きにもなれば、嫌いにもなる。
無理に食べさせるのではなく、自分から食べたくなるように
仕向けることで、好き嫌いはなくせると思います。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。