お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWのお出かけ(2)忍野八海

忍野八海とは『山梨県忍野村にある湧泉群。富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、湧水となって8か所の泉を作る。国指定の天然記念物、名水百選に指定されている。また新富岳百景選定地にもなっている。』WIKI参照

もともとは大きな湖であったのが、富士山の噴火などの自然変化により湧水口が池として残ったらしく、忍野八海とは「出口池」「御釜池」「底抜池」「銚子池」「湧池」「濁池」「鏡池」「菖蒲池」の8つの池を指しているらしいが、実際にはその他の人工池が沢山作られているらしく、その最たるものが『中池』である。

20130521 (3)
中池で記念撮影。

20130521 (4)
中には鯉やニジマスが買われている。この中池が作られた事で周囲の水の流れが変化し、様々な影響が出てきているらしい。自然を手軽で楽しむと言うのは、自然に手を加えるという事であり、当然なにかしらの影響は出てしまう。今後、世界遺産に登録されれば観光客は激増する訳で、そうなった時に保存・保護というのを考えながら上手く向き合ってもらいたい。

 ちなみに、カミさんはこの池に落ちてなくなった方が居て、遺体があがらなかったという都市伝説を信じているのだが、1987年忍野八海でテレビ朝日のカメラマンが死亡した事件が元になった伝説で、実際には池に落ちたからでも、遺体があがらなかったわけでもありません。噂話に尾ひれがついて都市伝説化した典型例。実際に落ちたとしても深いプールに落ちた程度ですw

20130521 (5)
中池で売られていた豆腐が大豆の味がしっかりとしていて美味しかった。娘達3人が取り合って食べてます。うちの娘たちは子供らしからぬものを奪い合いますw

今回は時間もあったので今まで見た事のないエリアまで散策してみました。
「湧池」→「濁池」→「銚子池」→「御釜池」とめぐってきました。改めて感がてみると忍野八海に何度も来ていますが、八海全て見ていないことに気付く。これはいけないなぁ~!次回はまだ見ていない池もみることにしよう。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。