お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園遊会で泥まみれ!

うちの遊園地には園遊会という幼稚園入園前のお子さんに向けて、幼稚園になれさせるため、幼稚園の様子を把握するために土曜日に解放する。その時によってやることが変わるのだが、この日はプールでした。ただ、僕が少し夏ばて気味からの夏風邪気味でのどがなんかおかしい。暑いから冷たい水飲むし、体す冷やすし、夏ばてでぐったりするし・・・みたいな変なループを繰り返していた。

20130715 (1)

 幼稚園に着くと早速三女は水着に着替えてプールへ。幼稚園の先生方がラッシュになって子供達を滑り台で遊ばせたり、ホースで水をかけたりとしている。なんだか入りたいような、入りたくないような・・・・・
大の水好きの長女は三女が入っているのが羨ましくって仕方が無い。足だけって必死に頼んでくる。まあ、予備の着替えも持ってきているし、良いよとOKを出したのが最後でした。足だけで我慢できる娘ではありません。一瞬でスカートが濡れてしまい、一度濡れたらOKだと勝手な判断をかまして、プールに座り込みました。それをみて、『やっぱり』って感想が出てしまいました。プール好き、水好きの娘に我慢させるのが無理で、これは仕方ない。ここまできたら好きにしてくれと、任せると普通に洋服のまま笑顔で泳いでいました。

20130715 (2)

こうなったらプール好きの次女も好きにさせてあげようと思ったのですが、こちらは何故だか靴すら脱ごうとせず、プールに近寄りません。園庭にある山に登ったり滑り台したりと一通り遊び、トランポリンで跳ね、跳ねては水を要求し、水を飲んだら跳ねているって感じで遊んで居ます。今日は水に入る気分ではなかった様です。次女の変な拘りです。一度決めたら頑固ですから、今日は水につかることはないでしょう。

次女をみていたら、長女がそのまま泥遊びを始め、気がつくと・・・・・・

20130715.jpg

うーん三歳ぐらいの頃にはよく見かけた光景ですが、さすがに小学校に入って落ち着きが付いた物かと思っていましたが、そんな訳はありませんね。三つ子の魂なんとやらって感じですが、一〇〇歳までこんな事やられたらたまったもんじゃありません。

泥だらけの体をしっかりホースで洗ってもらいました。小中の同級生が幼稚園の先生をやっていることから軽くこき使われる。いつもお世話になっているので手伝うのは全然かまわないのだが、か弱い振りだけはいけません。か弱い人はそんな力強いお願いはしませんからぁ!
ってことでプールのお片付けをしました。子供達も大満足。でも泥遊びが出来る場所が欲しい。年一回で良いから泥祭りみたいな事をやれたら良いのになぁ。僕の小さい頃は近くの田んぼで泳いで、田植え前の田んぼで相撲を取ったんだけど、今はなかなか出来ないね。やらないだけか?そんなイベント企画できたら良いね。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

縦割り保育を考える。

うちの娘達が通っている幼稚園はモンテッソーリを導入しているので、この幼稚園に否定的な方々はお受験幼稚園と言っている人もいます。僕の出身幼稚園でもあり親子が同じ幼稚園に通うのもなんだか感慨深いものがありますが、この幼稚園に決めたのは出身だったからでも、モンテをやっているからでも、ましてはお受験対策でもありません。カミさんが気に入ったからw。どこに入れようか考えている時に、姉の子の幼稚園の発表会を見に行ったのがきっかけでカミさんがほれ込んだからです。
 通わせていて、お受験幼稚園と感じた事は全くなく、先生の悪乗りが面白いなぁって思うくらいに遊ぶときの羽目の外し方が凄い。だから子供たちも楽しそうです。

 そんな幼稚園ですが、モンテの一環なのか縦割り保育を実施しています。縦割り保育とは年少、年中、年長と3学年が一つの教室で学ぶことで、メリットは小さい子は上の子の真似をするので、成長が早い。大きい子は下の子を面倒見る習慣が自然と付く。デメリットは小さい子も大きい子も自分たちのペースで行動できないという事でしょうか。

 ただ、完全縦割りではなく、横割り保育(学年ごと)の時間もあるため、上述のデメリットも薄まっていきます。
20130625.jpg

長女が小学生になり、授業参観などで3女を連れて学校に行くと、長女が3女の面倒をみるので、『姉妹仲が良いね。』必ず言われるそうです。我が家では意地悪だったり、すぐ喧嘩するって思っていますが、周りからみたらそう見えないみたいで、それは凄く嬉しく思います。
 確かに、姉妹の中だけでなく幼稚園の参観に行っても、下の子の面倒を見る子供たちが目につくし、転んで泣いた子がいたら、近くにいる子が先生呼びにいったりと、当たり前に世話をする。モンテをやっているからとかではなく、この縦割り保育って制度は僕が凄く良い制度だと感じています。自分の姉妹以外の年上、年下と接する機会が必然的にあるってのは凄く良い事だと思いました。

 

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

親は嬉しくない夏休み突入!

 台風による影響で、昨日は幼稚園の盆踊りが中止になってしまいました。子供が浴衣を着て縁日で遊ぶのが楽しいし、幼稚園が主催だから安くて気兼ねなく遊ばせてあげられたのに残念です。

 うちの幼稚園は先週末で夏休みに突入です。夏休みって子供の時はうれしいけれど、大人になっての子供の夏休みは大変ですね。長女のアンのエネルギーが有り余ってしまう。それはそうだ。今まで幼稚園で全力で遊んでいたのに、それがなくなってしまったのだ。かみさんも3人の世話をしながらアンが満足するまで遊びに付き合うのはかなり無理がある。

 しかも、夏休みに入った直後から台風・大雨ってどうなのよ。ますます動きに制限されてしまう。
 
 アンは発散しきれないし、かみさんは子供3人の相手で機嫌が悪くなるし、なんか空気が重い。特に夕飯からお風呂を入れる頃が最大のピークで、そんなところに僕が帰ると子供たちの一気にエネルギー発散しにくるし、かみさんはようやく解放されたと放置するし、とにかくしんどいことになる。

 抱っこ!肩車!あれやって!これやって!あれとって!、これやろう!・・・・・・・・


兎にも角にも纏わりつかれる。最近では3女が僕を見て抱っこをせがみ大泣きするって技を習得してきたから、なお、大変である。

 これから1か月と少しの間、かみさんの怒声と子供の叫び声が響き渡るのであろうな。本当に何かエネルギーを発散できる方法を考えなきゃいけないな。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

幼稚園の父親参観

 先週末に幼稚園の父親参観がありました。朝から園庭で一緒に遊んでから授業を見る予定になっていましたが、生憎の雨だったのでAM10:00からの参観だけ行ってきました。
 各園児のお父さん方が順次到着しているので、子供達は自分のパパはまだかまだかと落ち着きなく見回しています。もともとが落ち着きない娘ですので、その挙動は授業中にパパが気になって動いてしまうではなく、授業そっちのけでパパを捜すに変わっています。
 この父親参観の日は普通の授業と異なり、パパが見に来てくれる日と割り切っているので、子供が多少うろちょろしても怒られません。次女も教室内をウロチョロウロチョロと歩き回っては色々なものを見つけてはしゃいでいました。
ただ、そういうことは早く教えて欲しい。アンを目で叱ってしまうし、リーを授業の邪魔にならないように必死で押さえつけていた。なんか100段の階段を上りきったときに横にエレベーターがあるよって教えられた気分。凄い徒労感でした。

 さて、最初に挨拶をするのだが、ここら辺は仏教幼稚園。『のの様』ということでお釈迦様をあがめて、お約束をする。『一つ 最後まで全力で頑張ります。一つ よく考えてします。ひとつ良いことをすすんでします。』などなど。こういうことを言葉に出して言うと言うのは凄く大切な事だと思います。言霊は必ず宿る。

 幼稚園

みんなで踊りながらお歌を歌います。両親がきてテンションが上がって怒鳴り散らす子もいれば、いつも通り元気よくって子もいるし、逆に恥ずかしがって声が出なくなっている子もいます。みんなチラチラパパ達をみながら歌っている子供達は可愛いです。
 その後体育館に移動して子供達の体操をみたり、親子競技をして楽しみました。やはり幼稚園児はパパ、ママと遊ぶのが本当に楽しいのでしょうね。子供達のテンションの高いこと。
 
 子供がとっても楽しそうにしており、また幼稚園で友達と仲良くしているのをみて、参観に来て良かったのですが、とっても残念な事がありました。
先生から『最後に来てくれたパパに挨拶しましょう。』って言ってくれたのだが、娘はママの方をみて『ありがとうございます。』って言いやがった!!
 今日は父親参観。ママはおまけである。カレーで言うなら福神漬けのはず。なのにカレーでなく、その福神漬けに挨拶しよった。泣くね。せっかくパパ来たのに。ってことで半日ほど心の中で拗ねていました。


テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

モンスターペアレントの見分け方。

 かみさんの友達に元幼稚園の先生がいる。そのお母さんが言っていた言葉。
『どんどん叱って下さいって言う親の子供は問題ない。うちの子はこういう子なので、心配でどうですか?って聞き方の親の子供はだいたい酷い。』これを聞いてなるほどなって思った。
 先日、ほんまでっかTV(相変わらずネタがここかよ。)で尾木ママが最近のモンスターペアレント(以下モンスター)についてのランキングを発表していたのだが、そのタイプとして『ネグレクト型』だとか、『過保護型』だとか、尾木ママのタイプ分けがされていた。モンスターの共通項は中心が自分もしくは、自分の子供である。
 つまり、モンスターの考えの基本は自分達にとってどうか?って判断であって、相手がどうとか、世間がどうとか、そういう基準は全くない。一般的には自己中心的ってことなのだが、その桁が一つも二つも上にいっているから、信じられないことが起きるのである。

 この子供の親の言動でも判るように、『叱って下さい。』って言っている親は考え方の中心が外にある。だから(幼稚園の迷惑になる様な事をしたり、友達の迷惑になる様な事、またこの子が危ない事をするなら)叱って下さいって括弧ないの意味を込めて言っているわけで、当然、自分達も子供に対してそういう視点で躾を行っている。ちゃんと躾けられていれば、子供としての悪ふざけはあっても、先生の言うことを『はい』と聞けるし、そこまで迷惑になる行動にはならない。

 逆に『うちの子は』ってタイプは中心が自分の子である。(自分の子が駄目って感じることや嫌がることはやらせないで下さいね。子供の機嫌が悪くなっていないか、)心配です。って括弧内意味がある。子供がどう感じるか、子供が楽しいかという視点で普段も接しているのだから、そんな子供は先生のいう事を聞くわけがない。世界は自分中心に回っていると勘違いする。

 改めて書くまでもなく、当たり前のことなのだが、最近はこの当たり前が通じないありえないようなことが普通に発生するから怖い。最近うちの幼稚園でも馬鹿みたいな話が出ていて、幼稚園も溜まったものじゃないなって同情するし、それでルールが変わったりしたら折角、素敵な幼稚園なのに残念である。

 ただ、自分の言動が自分や自分の子供が中心とした考えになっていないか、時には振り返る必要があるなと感じています。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。