お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉シャツを買ってみた。

30代のYシャツ選び。鎌倉シャツ

つづきになります。

 鎌倉シャツはランドマークタワーの2Fにありますが、リニューアル工事のために1Fに移動していました。
 店内に入ると落ち着いた雰囲気をもって『いらっしゃいませ』の声が聞こえてきました。僕がキョロキョロっと見回してる姿を確認して『男性用はこちらで、半袖がこちら、長袖が奥の棚にあります。』と声をかけてくれました。入店から案内の対応に好印象を持ちました。
 長袖の棚に行くと再びキョロキョロしてしまったのですが、男性のスタッフが声をかけてくれました。鎌倉シャツでは2種類のスタイルがあるらしく、なるほど~と考えていたら、『失礼ですが、当店でのご購入は初めてですか?』と聞かれました。この『失礼ですが』を付けられる対応が素晴らしいと感心しつつ『はい』と答えると試着を勧められた。『形をご確認して検討されたほうがよろしいと思います。』
 試着を勧めるってのはごくごく当たり前のことなんです。どこのお店でも『ご自由に試着をして下さい』って言われます。何が違うかと言えば、こちらの心の変化を読んで言っている事なのです。
 2種類のモデルの説明を聞いたときにどちらが良いのか(似合うのか)解らないな。という僕の心の中にある疑問の発生を敏感に感じ取って言っているのです。

 試着して、かみさんに見せた結果、スリムフィットになりました。

改めて棚を紹介してくれ、いざ選ぶ時になると今度はすっと引いてくれます。ここで放置してくれるのも本当にありがたい。かみさんとこの柄が良い、この襟が良い、など、あーだこーだ相談して居る時にやたらと、これはだんな様に素敵ですねとか入ってくる接客をされると、それだけで僕は買う気がなくなります。カミさんは夫婦であれこれ話す買い物が楽しいと言っており、やたらと薦めてくる接客は、簡単に言えば『夫婦の会話に割り込んできている』という事なのです。

IMAG0167.jpg

 今回2枚ほど買ったのですが、鎌倉シャツを買った事よりも入店してから出るまでの全ての対応が非常に好印象でした。基本的にちょっとだけ距離を取って対応してくれますが、必要な時には丁度良いタイミングで声をかけてくれます。この間でサービス出来ることに感心しましたし、心の変化を感じ取る接客を堪能させて頂きました。1回目の来店でこのお店が気に入りました。
 珍しくテンションが上げていった買い物でしたが、素敵なサービスに満たされました。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

子供への気遣いがあるお店!WIRED KITCHEN 町田グランベリーモール店

WIRED KITCHEN IN町田グランベリーモール店 に行ってきました。グランベリーモールは我が家から近いこともありちょっとした時間で行くことが出来るので、カミさんの買い物熱を覚ますためにもよく利用します。

グランベリーモールと格闘!

Cafe Company の系列のお店はやはり色々な意味で質が高いと感じます。
 最初に良いなと思ったのが、空いていてもまずはWaitingで待たせる事。これは先に案内したお客様のオーダーを済ませてから次のお客様を案内することでドリンクやオーダーが前後することが防げます。また、ドリンカーにまとまってオーダーが入ることがないため、お客様を待たせることも防げます。
 マニュアル的にやっているかはわかりませんが、多少混雑してきたときに、クレームになりやすいのが自分よりも後のお客に先にサーブされる事がありますし、お店の雰囲気であるくつろぎを提供するにもこのサービス方法は大切です。

IMAG0171.jpg

僕がレインボータコス(ドリンク付き1200円)

IMAG0170.jpg

娘がキッズプレート (ドリンク付き680円)

 このへんの盛り付け方やメニューの内容はCAFEって感じですね。キッズプレートのケチャップでミッキーのシルエットに子供がはしゃいでいました。
 このグランベリーモール店は入口にベビーカーの置くスペースがあると明示されており、子連れに優しいサービスが色々とあります。店内には絵本があり、離乳食メニューもありますし何よりも店員の子供に対する接し方が優しく心地よい空間を演出しています。

 このお店の非常に残念なところは、分煙ですね。座る席で禁煙、喫煙を分けているのですが、敷居がないので店内に煙が回ってしまいます。隣の席で喫煙されていないというレベルです。ここまで子連れに対して優しくサービスをしているのだし、しかもテラス席があるのだから、室内を完全に禁煙(スタバスタイル)にすれば良いのにと残念に思います。

最後にお会計時に店員さんが
『ありがとうございました。また、お待ちしております。』
と言われたのですが、『お待ちしております』って笑顔で言われたら、またくるねって言ってしまいますね。心地良いサービスでした。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

Life Studio 湘南店で撮影してきました。

台風のおかげで焼きつくような暑さは和らぎましたが、このジメジメ感は鬱陶しいですね。洗濯物が雪だるま式に溜まっていきそれと比例してかみさんのフラストレーションも溜まっていってます。

 そんな中、かみさんがLife Studioに写真を撮りに行って来ました。今では超が3つも4つも付くほどの人気店で予約がなかなか取れませんが、我が家が最初に訪れた時にはそんなことはありませんでした。
 1号店の青山が出来て間もなくのころで、アンがまだ1歳になる前(7か月前後)です。撮影料無料とかそんなキャンペーンをかみさんが見つけてきたのがきっかけです。わざわざ写真を撮りに青山までと思っていたのですが、撮った写真をみて変わりました。写真に写っていた娘の表情の豊かな事。かみさんは勿論のこと、僕もこのお店のファンになりました。
 
 その後、アンの七五三の撮影を横浜店でお願いしました。スタジオ○○とかは、ディズニーなどのキャラクター物や高価な衣装が着られますが、僕には何を撮りに行っているのかわからなくなります。急いで数カット撮り、カメラの持ち込みは出来ません。本来とるべき対象は衣装ではなく子供だと思います。
 
 このLife Studioは泣いている顔も、笑顔も、真剣に何かしている姿も、本当に子供そのものを切り出してくれます。今のその可愛さを写真という形にしてくれる訳で、僕にはそれが宝物になります。

h100371_009.jpg

 このヒステリックミニの悪魔の洋服は友人がプレゼントしてくれたのですが、この服をかみさんが凄く気に入っていてアンが最初の青山の撮影の時に、この服を撮りました。そして七五三の時の撮影でリーもこの服で撮りました。上二人が同じ時期に同じ写真があるのに3女だけないとと言うのも可愛そうなので、同じ写真を撮ってあげたいと今回、湘南店に行ってきたのです。

h100371_063.jpg

とにかくちょろすけの娘達です。3人3様、好き放題の動きをします。アンは怒られているそばから忘れていくし、りーは何を言っても自分の主張を通すし、ジュはわれ関せずと動き回ります。性格は違えど言うことを聞かないということに関しては変わりがありません。横での集合写真はたくさん撮ったけど、子供が縦に並ぶのは初めてかもって笑いながらカメラマンの方が言っていたそうです。

h100371_047.jpg

 スタッフの方々総出で気を弾いてくれたり、遊んでくれたり、声をからしてまで相手してくれたので、娘たちはここのスタッフの方全てが大好きになりました。帰り際には一緒にご飯を食べに行くと熱心に誘ったらしいです。

 陽の光、素敵な空間、温かいスタッフ、お店から「素敵な写真を撮りたい」って気持ちが伝わってきます。サービスに対して自然と「ありがとう」と返せるお店です。

追記
カメラマンって女性に対してはなんて言うのだろう?フォトグラファー?撮影スタッフ?撮影師?

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

ついにスマートフォン購入。ただ店員の対応に腹が立つ。

ついにスマートフォンを購入しました。色々と悩んだ末に決めたのは、htc EVOです。



SoftBankユーザーとしてはI-PHONEと悩んだり、MNPを検討するのであれば、ソニーのエクスペリアも格好良いなどあれこれ考えていました。購入の決め手はデザリングとwimaxです。

 以前、ノートパソコンを購入したときにサービスで2ヵ月wimaxを使ったことがあるのですが、ストレスない速度を経験してしまったためにWIMAXはものすごく魅力的でした。しかも通常定額に525円で付属できるのだから驚きです。
 またデザリングが定額内で出来るというのも嬉しい限りです。ドコモもデザリング出来る機種はあるのですが、デザリングによるパケットの上限が1万円を超えてしまいます。

それでいてアンドロイド スマートフォンとしての性能も充分に高い。まあ残念な事と言えばバッテリーの保ちが悪いこと。驚くほど悪い。

 ただ、今回の契約をしに行ったAUショップの対応があまりにも悪くて頭に来た。商品の説明について嘘を言っているのに、それを貫き通す。例えばWiMAXの回線はデザリングしか使用できないとか。HPの特徴のところに明確に書いてあるのに、貫き通すところがある意味で『あっぱれ』である。
 色々と対応の悪さに苛立っていたところ、最後にEVOご契約のかたに7インチアンドロイドタブレットプレゼントのポスターを指さして『あれは?』と聞いた。すると法人契約の方は対象ではありませんと言われた。

 ファサードにも大々的に張り出しておいて、店内にも大きなポスターを貼っておき、それでいてどこにも個人契約の方限定とは書かれていない。それだけ大々的に宣伝しているのだから、法人契約と解った段階で説明するべきだろう。そのタブレットがあったからわざわざAUショップで契約したのである。それに最初から解っていれば個人で契約して法人に譲渡する方法だってある。これだと3000円くらいの手数料で済んでしまうし、そんなことをしなくても他の携帯屋とか量販店にいけばもっと割の良いサービスを得る事も出来た。
 
 とりあえず『個人契約限定ってどこにかいてあるの?なんで説明してくれなかったの?』と聞くと、裏に行ってなんだかんだとした挙げ句にタブレットを持ってきた。
 それについもまた、頭に来る。『個人契約にしかつけないんじゃないの?』って聞くと、プレゼントの限定は個人ではなく、契約形態で、定額プラントか入っていればプレゼント対象になりますと言う。
 おいおい、じゃあなんで個人契約限定って最初に言ったのだよ。言われなきゃ渡さないほうがお店は得みたいな対応ってどうなのよ。それ以上いるとその対応に説教したくなってくるから帰ることにした。

 販売促進のキャンペーンのプレゼントを出し渋る様に見えてしまうのって、どれだけマイナスの事なのでしょうか?キャンペーンの対象になると思っていたところに、なりませんって言われると気分が悪い。勿論、自分が対象になっていないことに気付いていないのなら自分が悪いと思うし、説明をされれば納得出来る。販売促進において対象を明確にしておかなければ、逆にお客様を逃がしてしまう典型的な例でした。
 
 

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

フラッシュマーケティング

 先日、フラッシュマーケティングって言葉を初めて知りました。
フラッシュマーケティングを詳しく知りたい方はWIKIを参照して下さい。
 簡単に言えば短期間の期間限定で注目を集めて販売する手法で、その代表格が共同クーポンである。グルポンポンパレなどが有名ですが、店舗側として考えた時にその効果について非常に疑問に思えます。
 一般的に短期的で極端な値引きをすることで広告効果を狙って集客するのですが、その際に集客できたお客様って本来ターゲットにしているお客様なのでしょうか?

 自分が経営していたので飲食店について考えてみたいのですが、個人店でもマーケティングは重要です。マーケティングの根幹は顧客です。ターゲットを分析・評価することからスタートするのですが、その中でターゲットとなる顧客を絞り込んでいくために細分化(セグメンテーション)をしていきます。できるだけ多くの人に来てもらいたいってのは理解出来ますが、メインとなるターゲットを絞り込めていないと、最終的には大手との価格競争しか道は残っていません。

 特に個人店での場合はピンポイントなセグメンテーションが重要です。僕が開いたCafeのターゲットは『30才±3才ぐらいの女性でアジア旅行が好きな働いている未婚の女性』です。このターゲットが出来る限り好むお店作りを考えました。実際にメインとなったお客様はもう少し若い人が多かったのですが、許容範囲のズレでした。
 つまり、ターゲットを出来る限り狭くすることで、そのターゲットにとっては魅力的なお店になります。飲食店を継続させ繁盛させていくには、絞り込んだターゲットを集客し、そのお客様をリピーター化させ、最終的にサポーターにしていくのです。
 
 話を戻してフラッシュマーケティングとは、短期的に大幅な値引きをしてその値引きの吸引力で普段来ないお客様を集客する手法。集客さえすれば自分の店舗のすばらしさを伝えることで、リピーターになってくれますし、閑散期に席を埋めることが出来ます。って魔法の方法の様ですが、実はこの方法は集客の部分にしか焦点を当てていません。つまり本当にリピーターになるのかが疑問です。
 バーゲンハンターって言葉があるのですが、クーポンでの集客はクーポンを使用したお客様しか集めません。これはホットペッパーやぐるなびなども一緒です。
 
 自分が贔屓にしているお店が一見客には50%OFFで自分は正規の値段では腹が立ちますし、安売りにしか集まらないお客はそのお店のメインターゲットとずれていることが大半です。そのためどんなに良いサービスを提供してもリピーターになることはありません。その人達の優先順位は値段です。サービスに満足しても正規の値段でのリピートをするよりは、他のクーポンを見つけて違うお店を楽しみます。

 本来ターゲットとしないお客様を安売りで何人集めてもリピートには繋がりません。この大前提を無視してしまうととっても悲しいことになります。

 最後にフラッシュマーケティングが全て悪い訳でなく、安売りによるマーケティング手法に問題があると思います。
朝日新聞広告局の記事で書かれている様にソーシャルメディアとの融合や、プリンターのビジネスモデルみたいに安売りで購入させて、消耗品で利益を上げるなど、強制的なリピートするモデルを作り上げれば成立していくと思います。(インク代のようにヤクザな金額設定でなく、納得出来る付加価値の金額で売る。)

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。