お願い!

神奈川を中心に娘と行った事がある公園や動物園などを子供を連れて行く視点で紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。ぜひ見てください!

子供情報室!!
子供情報室!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭りを楽しむ!

思いつきで家から比較的近い子供の家に行く事にしたのですが、やはり規模的には秋葉台の方が大きく、秋葉台は地下トンネルがあり、それがすごく面白いらしいので、中里の方では物足りなかったようです。長女から『次回はいつものところに行こうね。』って言われてしまいました。
 ただ、中里に言って良かった事があります。それは夏祭りがやっていた事。御所見市民センターとJAの敷地を使って夏祭りがやっていました。こういう地域の夏祭りって地域の商店街とか、JAとか、子供会とかそういうところが出店をやっているから、安い。利益云々と言うよりも、皆を喜ばせるに重点が置かれているので、楽しくできます。せっかくなので子供の家から帰る時に寄ってみました。

軽く一周して長女が最初にねだったのが、『イカ焼き』。なぜ?
他にも焼き鳥とか、かき氷とか、綿あめとか、フランクフルトとか、色々とある訳です。色々とある中でイカ焼きをねだるセンスを改めて考えさせられてしまいました。女の子だからもっと可愛いのを強請ってくれよ~。
20130731 (3)

美味しそうにかじりつき、あっという間に食べ終わりました。そして一言『おかわり』。さすがに夕飯もあるので、それは止めさせますが、どんだけだよ!

20130731 (4)
3人にそれぞれかき氷を買ってあげました。口の中が真っ青やま緑や真っ赤にさせて、それを見せ合いっこしてキャッキャ言ってます。着色料だけで遊べる子供が幸せです。

ゴミをパパが付いていかずに一人で捨てる事をしたくて、『ここに居てね』と念押しされてしまいました。こうやって自分で一人でする事を広げていくのです。ただ、長女は解らなくなると、呼んだりしてくれるので安心していかせられるのですが、次女は静かーーーに消えていきます。しかも若干方向音痴かもしれず、まっすぐ行って、まっすぐ帰って来れない。だからこっちは気が気でないです。
ただ、次女の凄いところは、こういう迷った時にしかっかりお土産を見つけること。金魚すくいを見つけられてしまいました。
はーーーーーなんとか避けてきたのに・・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

イクメンとはうんちの処理が出来る事!

イクメン自慢をしてみる。(笑)
カミさんにはイクメンって言葉を使われると、「なんだかとってもイライラする」と言ってあります。カミさんも僕のイクメンに対する考え方は理解してくれている・・・・と信じ込んでいる。多分納得できない事も多々あるでしょう。ってか普通に喧嘩しています。

僕     『何か手伝おうか?』
カミさん   『手伝おうか?って何?』
僕     『え・・・・・』
カミさん  『手伝おうと思う様な状況になってると思うなら聞く前に手伝ってよ』
僕     『・・・・・何したら良いか解らんし・・・』

まあ、こんな感じで喧嘩しましたし、今でもしてます。だから、僕はイクメンではないのですw

とは言え、育児というか、手伝う事にカミさんがもろ手をあげて褒めてくれることもあります。これは最近も何の前振りもなく『凄いよ』と言ってくれました。

その褒められる理由は『子供のうんちの処理』をしてあげている時です。初めて言われたのは昨年の9月に真鶴にシュノーケリングに行った時で、3女がおむつ(水泳用)を脱ぎたがるので、枚数が足りなくなり、仕方なしにトレーニングパンツをはかせていた。まあこういう時に限って大きいのをしてくれる訳で、トレーニングパンツの中にコロッコロッのうんちをしてしまい、トイレまで行ってそれを流す訳です。で、、トイレにうんちを流し長女や次女のトイレもついでに済ませている間に、うんちの付いたトレーニングパンツを洗っておいたのです。





 他にもちょっとお腹を壊してトレーニングパンツに少し漏らしてしまったのを洗っておく。僕にとっては汚れたら洗うのは当たり前のことだし、結局誰かが洗うのだったら、早い段階で洗った方が、色んな意味で被害は少なくて済む。合理的な判断ですw

 それに 子供のうんちって汚いってあんまり感じないから不思議!、長女が生まれてからこの6年間でおむつを交換する時に手にうんちが付くなんて日常茶飯事です。
 また、飲食店(居酒屋など)でずっと仕事をしていたから、トイレでエラーしている事なんてよくあったし、飲み過ぎた方の粗相も何度となく処理してきました。そういう意味では『汚い』ものに対する免疫が普通の人よりもあるのだと思います。
 それらに比べたら自分の可愛い娘のうんちの後始末くらいなんの躊躇もありませんし、カミさんにとっての僕のイクメン度合いを上げてくれるのだから、ありがたい事です。

カミさん曰く、『うんちの処理ができたらイクメンと名乗って良いらしいです!』(笑)

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

子宮頸がんワクチン 『推奨中止の波紋』

子宮頸がんワクチンについては過去何度も取り上げてきた。
子宮頸がんワクチンの副作用。接種は必要?
子宮頸がんワクチン 『一時中止をせず』について
そのたワクチンについてもさんざん取り上げてきており、僕の基本的なワクチンに対する考え方は

病気の危険度 × 病気の発症率 
        VS 
ワクチンの免疫効果 × ワクチンの副作用

である。つまり病気が危険であり、ワクチンの効果が高ければ打つし、危険度や発症率が低く、副作用が強ければ打たない。なのでうちの3姉妹には定期一類疾病予防接種はしっかりと受けさせています。ワクチン拒絶思考ではないです。(東洋医学って、かおばあちゃんの知恵!)だから最近、流行りの風疹だって受けさせていますよ。

うちは子供が3人とも女の子な訳で子宮頸がんワクチンに関しては真剣に考えています。全員男の子だったら多分ニュースも読まないでしょう。女の子なだけに重要な問題です。だから新しいニュースが出ると情報収集をします。で、6月14日に厚生省の専門家会議で子宮頸がんワクチンの勧奨の中止が決定されました。
(詳しくはこちら!ワクチン接種 勧奨中止の波紋

簡単に経緯を説明すると副作用が多数出ている事が報告された。それに対して現段階での因果関係は不明であり、子宮頸がんのリスクを抑えるメリットを無くすべきでないと意見がされた。これを受けて座長が、接種できるメリットを残しつつも、積極的に推奨する事は中止してはと意見が出て、多数決の結果、積極推奨の中止が決定された訳である。

まあ、いきなり中止に出来ないが玉虫色の決定だなぁって感じです。誤りを認めたがらない役所としてはかなり勇気がいる決断だとは思います。

こういうニュースをみていると今のところ子宮頸がんワクチンに対する自分のネガティブな考えは正しかったのだと思ってしまいます。長女が接種年齢になるまで約6年。良くわからない状態が解消されている事を期待したいです。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

DSについて、一応の結論。

うーーん、最近なんだか忙しい。
だいぶご無沙汰してしまいました。申し訳ありません。

 前回、『子供にいつからDSを持たせるか?』という内容を書きました。
僕が納得いかない理由は二つ

①小学校1年生のプレゼントとしては高すぎる。
②親が管理できない状態になる。


このことについて改めて考えて見た。そもそも高すぎるって何だろう?これは色々と考及ぶ内容だと思う。子供にはどんなに収入を得る職に就こうとも、それなりの金銭感覚を持ってもらいたい。
 この高すぎるという言葉の意味は、その金額の価値を解っていない子供に払うには高すぎるという事になる。お金は天から降ってこないし、欲しい物は無尽蔵に買える訳ではない。1万円の物を得るには、それに見合うだけの労力が掛かっている。それを全く理解できていないのに、欲しいから、友達がもっているからと言って買い与えるべきものではないと思う。

 先日、コメントをくれた方はお小遣い制で、自分で貯めて買うように説明して、お子さんは頑張って貯めているらしい。この方のお子さんは、貯めるための期間という労力と、その貯めたために買う事が出来なかったお菓子やおもちゃという犠牲を払っている。1万5千円という金額を得るには、時間と我慢という二つの対価を支払っている訳である。
 子供なんだから1万円の価値なんて、簡単には解らないが、それでも我慢する事や時間がかかることなど、体験的に理解した上で物欲を満たして欲しい。極論かもしれないが、稼ぐという考えや、我慢するという事を体験させないまま成長した時に、物欲を我慢できなくて、簡単に満たせる手段に走ってしまう事にだってつながると思う。(そんなことになったらパパ悲しいよ。)

 子供は適した範囲でのストレスによって成長する。これは自然の摂理です。


 二つ目の理由は親が管理できないということ。僕が小学校の時に遊んだファミコンはリビングのテレビで遊んでいた。だからゲームをやっている間は親の目の届くところにいたわけだ。でもDSはどこででも出来てしまう。家の外で出来る。僕もRPGにはまって何時間も連続でゲームをやってしまうので、ゲームそのものをやる事が良いとか悪いとかでなく、ゲーム以外の遊びをしなくなることが問題なのだ。
 僕は家の中で遊ぶときはゲーム。家の外で遊ぶときは、ボールで遊んだり、鬼ごっこしたりと色々と遊んだわけで、公園でDSをやっている子供たちをみると、ゲームの割合が多すぎると感じてしまう。子供は好きな事に熱中するのは当たり前なのだから、だから親が管理できる必要があるのだ。

 そんな訳で改めて、今、子供にDSを買い与えるのは100%反対です。

とは言っても買い与えるのが反対なのであって、使わせることが反対でなく、ルールを守るのであればかまわないと思う。
ルール① 家から持ち出さない。
ルール② 時間を制限する。


最低限この二つが守れないのであれば、使わせることも反対です。追加でルールを作るかもしれませんが、このルールを守る事を約束に、『僕が買って貸し出してあげる。』という方法を取ろうと思います。カセットは自分で買わせることで、妥当なプレゼントの金額にもなると思います。

こんな頑固親父です。それで良いんです。

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

娘に携帯電話!持たせることを考えた。

もともと僕の考えは子供に携帯電話なんぞ持たせるつもりは全くなかった。小学生から中学生くらいの間で携帯電話が必要な理由も解らない。だってぼくが連絡手段を持つようになったのは大学1年の最初に契約したポケベルが最初です。その年まで携帯電話を一切必要としてこなかったわけで、時代が違うと言えば違うが、それでも義務教育の間は子供がどこにいるのか把握できる状態になっているというのは非常に大切な事だと思っています。 携帯がないことで直接の連絡手段を制限すれば行動の制限も出来るようになる。

僕が最初に女の子の家に電話を掛けた時、できるだけ丁寧な言葉遣いをしなくてはと考え、『○○さん御在宅でしょうか?』って言っていました。どこのセールスマンだよって感じですが、そうやって失礼の無いように取り次いでもらえるようにと考えるのも立派な社会勉強です。
 なわけで僕は基本的には凄く保守的な考えなんだと思います。古き良き頑固おやじを目指します。

 だからカミさんから子供に携帯電話を持たせると言われた時は消極的でした。理由はプールの送迎バスが近くの公園の前で停車するのだが、そのバスの発車時刻が子供しだいのところもあり、30分くらいの幅で前後してしまうと言うのだ。しかもその公園ってのが結構広くて薄暗い。迎えに行くのは当然としても下に子供二人いて30分も待つのはかなりしんどいし、迎えが間に合わなかった時に何かあるのが心配という。
 とは言っても自宅の近くだし、そこまでのする必要はないのでは?と思ってしまうのです。 だからしぶしぶ了承していたのだが、やっぱり消極的でした。

そんな時に仕事でとある団体向けに『安全講習』をすることになり、ヒューマンエラーの話をしてきました。

『思い込みや大丈夫と思っている、その考え方自体が事故の基です。』
『危険は注意して対処するのではなく、危険を除いてから行動するが大事。』
『危険は発生可能性が低くても、発生した時の重大さに目を向ける事が大事。』


この辺は原発事故を考えれば、良くわかる事です。そんなことを熱弁しそれなりに満足してもらえて講義を終了しました。講義後、タクシーを待っていた待合席の前に張り出されていたのが、女児誘拐事件の懸賞金のポスターでした。待ち時間がちょっとあったのでじっくり読んでしまったわけです。

繁華街とか、雰囲気や治安が悪いエリアに居たわけでもなく、深夜とか人通りが無い時間帯での出来事でもなく、下校中の学校と家の間で起こった出来事です。日常的に犯罪が行われているような場所でないのに、起こってしまった訳です。そのポスターの事を考えていたら、自分のした安全講習の言葉がブーメランのように戻ってきました。

 そんな訳で、その帰り道にソフトバンクショップに寄って子供携帯を契約してきました。

20130403.png
ソフトバンク公式ページ みまもりケータイ

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

プロフィール

ゴン

Author:ゴン
【趣味】 映画、旅 等
【目標】 億万長者
【一言】
元Cafeオーナーで現在は家業で奮闘中!3児のパパになり、自他共に認める『親ばか』
スーパーパパをめざし日々努力しています。

いくつになったの?
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
  • こども情報室
  • 神奈川を中心に公園や動物園などを紹介しているサイトです。『食べる』ではグルメリポートもしています。
  • 日本/香港 -nihongkong-
  • 海外を放浪していた時に知り合った友人。香港で働いたりと凄く行動的で、今は素敵なママのブログです。
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
本紹介
スポンサードリンク

かみさんがよく買うサイト!お買い得品を探す楽しさがあるらしい。

PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。